ほぼ300字日記

言葉が好きな理系大学生が朝起きて書いています☺

爽やかな朝

レポートがあまり上手く進んでいなかったり毎日気の重くなることがありますが、今外を見ると「爽やかな朝だなぁ」と感じています。明るい光の中をそよ風が麗らかに吹き渡ることを「風光る」って言ったりするけど、今まさに丁度ぴったりそれですね。昨日献血の話をしました。あれから1週間は経ったでしょうか(経ってない笑)、血液検査の結果が届きました。特に心配するようなことはなさそうでしたが、タンパク質の血中濃度が8.3g/dl、アルブミンは5.4g/dlで、基準値より少し高くなっていました。注意が必要?ということで、これは頭に入れておくだけでいいかなと思います。ああ、他にも書きたいことあるんですがね、、、。では、すてきな1日を☺

400ml

昨日、僕は人生初の献血をしました。大学でやりました。400mlを献血しました。献血をした理由は、経験しておきたかったということに尽きます。実は僕、血が苦手です。小さい頃から苦手で、なんだろうな、血管に血が流れて生きているということを想像するのがダメなんです。いや、ダメというか、想像すると、ドキドキするし、手に力が入りにくくなり、とにかく平常心とはズレた心理状態になります。今も、寝起きだからかわからないけど、手に力が入りにくいです。もうこれは僕が幼稚園児の頃からなので慣れっこですがね。そんな僕が献血をしました。がんばった、えらい(笑)!血は苦手だと話す僕に、やめるなら今よ、なんて言われたりもしました。今体調はどうだろう、、、。では、すてきな1日を☺︎

発言の親切さ

僕は言葉を大切にしているつもりです。言葉選びは慎重にやってるし、こだわりをもってやっています。でも、それが会話において意識すべきなのかについては疑問を持っています。僕は論理的文章も雑記ブログ的文章も苦手ではありません。でも、リアルな会話になると「あれ、上手くいってない、、、」と感じることが多いです。論理性を過度に求めようとしたり、こだわりの表現をしたら、話がスムーズに進まないのです。単に技量不足と言えるのかもしれませんが、最近、意識の向け方があまり良くなかったんじゃないかと感じています。会話力は瞬発的に双方的に起こります。意識するべきは「発言の親切さ」であり「論理性」や「こだわり」は滲み出るようにすべきだと思いました。