センター試験

僕が去年センター試験を受けてから、あれから1年たったんだなぁ。

あの頃からすれば、今の僕がしているのは憧れの大学生活です。

 

はっきりいうと受験期は辛かった。

別にそんなに勉強を頑張れてたわけでもないんだけどね(汗)。

受験生は大変だと思う。

だって、試験が自分に必要だとなったら、興味が全然ないことも、将来忘れるだろうことが目に見えているものでも、他のこと色々を犠牲にして結構なことをやらなきゃいけないし、さらには、無機的な採点により単純比較され、半数は平均以下で劣等感をかんじるだろうから。

受験劣等生だけど、自分には○○があるし、自己肯定はちゃんとできてるよ、なんて人は稀なんじゃないかな。自己肯定の始まりは他人からの肯定だとおもうから。受験生はしばしば学力という物差しで測られちゃう。

つまり、受験生大体みんな自分に不安してる。

 

こういうことが書けるのも僕が受験生ではないから。

受験生が受験について語るのは、よっぽどの受験優等生でない限り、カッコ悪いよね。

今だから言うと、今の受験はもっと、物事を批判的にみる論理力や困難な状況をどうにか打破する創造力とかを評価するようになってもいいんじゃないかと思う。

そういう試験は大きなコストがかかるけどね。

今の試験は自分の意見に関わらず目的に近づくために必要と言われること、を受け入れてこなす能力をはかっているみたいだ。

 

まあ、受験そのものを深く考えても特に点が上がるわけじゃないし、受験がどんな形であれ受けて受からないと先に進めないっていう事実は変わらないんで、やっぱり実際的スキルの右に出るものはない。

受験生には試験問題に集中してほしい。

 

受験生に幸運を祈ります。

何かを前に完全に祈るしかできない状況はない、って僕は考えてるんですけど、僕は受験生の為に、ごめんなさい、別に動きません。

 

 

ONUHS