すーののメモ

どんなことがあっても♪

大学生のカラオケ

 昨日は、学科で、縦飲み(同じ大学の同じ学科で色んな学年が集まって行う飲み会)があったようです。僕は、この日は部活を優先したのでいけませんでした。行きたかったです。

縦飲みの後、カラオケに行ったと友達が言ってました。僕は未だ大人数でのカラオケを経験したことがありません。

僕は、少数の男友達とカラオケに行ったり、一人でカラオケに行くことはあります。そんなときは、基本的に歌いやすくて尚且つ好きな歌を歌います。少数だと何曲も歌いますよね。そこで、初めの方にハードな歌を持ってきちゃうと、その一曲だけで声が悪くなって後が気持ち良く歌えないので、最初ほど音域の狭い歌を入れます。僕は一応持ち歌みたいなのを持っています。あくまで僕の主観ですが、多くに受けそうな歌も受けなさそうな歌もあります。例えば、ミスチルのmelodyとかコブクロの轍とかは受けるほうだと思います。

でも、同年代があまり聴かないような歌も僕は歌います。ASKAの、はじまりはいつも雨、がその典型だと思います。全国平均が80をギリギリ切るくらいで、90点台を出せるので下手ではないかと思います。この歌とかは歌いやすいしメロデイラインが好きなので、カラオケに行ったらいつも歌っています。

ここで思うんです。大人数のカラオケでこれを歌ったら鬱陶しく思われるんじゃないかって。はじまりはいつも雨、は結構有名だし多少は盛り上がりそうだからいいとしても、同じくASKAさんの歌の、同じ時代を、なんて歌ったら、少なくともイレギュラーでしょう。

他に僕は洋楽も歌いますが、これはナルシストっぽいですね。

とにかく、大人数の集まりでみんながどんな歌をどんな風に歌うのか、気になっています。米津玄師のレモンとかホットなやつを歌ってるんでしょうか?今度、大人数でカラオケに行けそうな時があったら積極的に行きたいです。