すーののメモ

どんなことがあっても♪

実際的

生物に関する話題を週一で書いていこうと考えている、すーのです。

きた~ブログの初めでわざわざ、○○です~って名乗るヤツ~~~。

今日は偶々名乗ってみました。ある程度有名な人がこれをやると、やり手だな~って思うんですが、日記みたいなことばっかり書いてる僕みたいな人がやると、へ~はじめて聞ったぞ、オッス、オラ××、よろしく!、って返されそうなくらい、誰だよ感満載ですね笑。

と、そんなことを今日書きたかったわけではなく、今から書きたいと思っているのは、実際的であることを大切にしたい!、という話です。

実際的っていう言葉を、僕は、現実に即していて効果的であるさま、という意味で使っています<正確な辞書的意味を知りたい方は検索しといてください>。

言い換えれば、無駄なことをやりたくない!という話です。

なんで、そんなことを書こうかと思ったかというと、実際的なアクションを起こすのは、なんでもそうだけど、そうしたいって頭にあるだけじゃ駄目で、慣れが必要なんだな、と、最近思ったからです。

僕はEvernoteというものを利用しています。自分が置いておきたい、まとめておきたい、と思った事柄をその中に書いています。でも、最近になってやっと、要らないノートが少なくなって、本当に使える意味あることを書いたノートの割合が多くなってきました。やっぱり、時間をかけずに質は求められないんだなあ、と感じました。

実践あるのみ!

っていう言葉は、スパンと言い切った良い言葉だなあと思います。論理も実践がないと必要性や有効性が感じられないですもん。