すーののメモ

どんなことがあっても♪

ココは予定通り(ショートショート)

ココは予定通り。

"予定通り"の道幅は極端に狭い。

しかも傾斜のきつい上り坂。

私は今、「予定通り」を進もうとしている。

何故進もうとしているか?

それは話が長くなるからそれは割愛する。

と言いたいのだが、実際のところは、自分でもよくわかってないので割愛するだけだ。

とか言っていると、看板だ。

「この先幅員減少」と書いてある。

声を小にして言いたい。

私の辞書に「幅員減少」という文字は無い。

知らないのだ。

まあ、この先何かがある、それは間違いない。

というかだな、あんなサビの入った看板、信用しがたい。

看板は、せめて文字がはっきり見えるように書いてないと。

それに、看板に頼っちゃダメよ、って前にこの道で偶々会った人が言っていたな。

道を見るようにしよう。

といっても先は見えづらいな。

薄く霧がかかっている。

霧ねえ。

我らがウィキペディアによると「霧とは、水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態」であるという。

確かにココは肌寒い。

納得だ。

いや、納得できねえ。

なんで寒いんだよ。

あ、それは知ってたわ。

太陽が遠い。

私の前には、今、太陽がある。

私には太陽が遠いことがその大きさから判る。

目がいいからな。

霧がかかっているが判る。

この寒さ、太陽が近づけば少しはマシだろう。

たが、そんなことは起こらない。

当たり前だのくらっかー。

寒い。

そういえば、あの太陽は動いていない。

天動説とか地動説とか、そういう話ではなく常に私の前にあるのだ。

どうしたことか。

まあいいや。

ココでは、何故か分からないが、ココの不合理を考えようとすると、思考が停止してしまう。

まあいいや。

そうそう、不思議なことに僕は太陽が夕日か朝日かも分かってないのだ。

ん!

ぐあっ!

だだだだだ。

どす!

私は違う通りに降りたようだ。

説明してなかったが、ココでは道から落ちることがある。

自分から落ちることもあるし、気づいたら落ちていることもある。

でも落ちたら、大抵、そこは道なのだ。

私はそうであったことしかない。

あ、違う通りって言ったけど、確かに違う通りなんだけど、ココは”予定通り”だ。

名前は変わってない。

はあ。

寒い。

さっきより太陽がまた少し遠くなったようだ。

まあいいや。

慣れるだろう。

しかし幸いなことに、道幅が広い。

これなら、めいっぱい走っても落ちる心配はないだろう。

久しぶりに周りを気にせず走ろう。

いいぞ。

いいぞ。

これは自慢なのだが、私は視力がいい。

太陽が近づいているぞ、ほんの少しずつ。

こんなのは久しぶりだ。

おっと、看板だ。

「この先幅員減少」と書いてある。

ふむ。

幅員って道幅の事か。

と言ってもこの道から直ぐ落ちるわけにはいかない。

気を付けてしばらくココでやろう。

もう少し。

もうちょっと行こう。

ん!

これは今まで体験したことのない暖かさだ。

太陽が今までで一番近い。

霧は今も濃いが、これは嬉しい。

どこからか小鳥の鳴き声が聴こえてくる。

この鳥の鳴き声は今まで聴いたことない。

私の好きな鳴き声だ。

ココは”予定通り”。