すーののメモ

どんなことがあっても♪

腹を抱えて笑う10分以内チャレンジ(パート2)

(=゚ω゚)ノ。

笑ってほしいお話です。

 

今回は「腹を抱えて笑う10分以内チャレンジ」のパート2です。

前回、パート1としていたので2をつくらざるを得なく?なりました。

 

島田紳助

今はもう芸能界にはいませんが彼はトークのプロでした。

最近、YouTubeで彼が出ていた昔の番組を見る機会がありました。今更ながら彼の事を「凄い!!」と思ったので、今日はそこに関することです。

天才という言葉は僕は嫌いですが、言うなら、彼は場をまとめ上げる天才だと思います。

とりあえず一つ見てください。

2:07からは繰り返しになっているだけです。

 


島田紳助のズバ抜けた推理力 離婚に至るまで・・・

彼を分析してみると、

動き、表情、声色、テンポが超秀逸

例えが秀逸

分かりやすさが秀逸

唯、彼の発言にも弱い部分はあると思います。僕が考えるのは、彼が断定的でアグレッシブすぎるということです。しかし、それは、諸刃の剣のようで、彼の武器でもあります。

彼は、上に赤く挙げたところが秀逸であり、しかも一つ筋を通しているので、笑いをつくることに成功しています。

上の動画では、離婚というテーマを笑いに変えています。ネガティブなテーマで笑いをつくれる、しかも明るい笑い、というのは、僕は素晴らしい事だと思います。

磯野さんもなんだかんだタレントとして活き活きしてると思います。

 

もう一つ、3:25からは繰り返しです。


島田紳助 宮迫の浮気発覚報道に鋭い追求

これもテーマは非常にネガティブなものです。でも、笑いは入ってますよねえ。

 

さて、最後は、紳助さんがⅯー1グランプリを企画した、ということで、それに関する動画です。


島田紳助 サンドウィッチマンがM1優勝出来た深イイ話

彼が残した影響力って大きいですね。

 

今回は少々癖が強い笑いだったかと思いますが、クスッとでもできましたか?

 

10分超えたかもしれませんが、ご容赦ください。

 (=゚ω゚)ノ。