そのつど

ただの日記です。

アンコール

back numberの「アンコール」というアルバムを聴いている。back numberは友達が好きなアーティストだ。それに影響を受けて聴くようになった。僕は影響を受けやすいほうだと思う。

ああ、なんだか自分がすごく薄っぺらく感じる。別に落ち込んではいない。でも、この中身がぽっかり抜けているような、無機質な感じ。どうすればいいだろうと思う。

僕は自己管理のためにEvernoteを使っている。それを見ると自分が何を考えてきたのかがわかる。そう思って、僕はEvernoteを見た。

張りぼてをつくるのは、もうやめにしよう。そんなことを考えた。そのためには「そのつどを夢中で生きる」…野暮なことだけど、僕はこれだと思った。

「夢中で生きてみよう」と自分に呼びかけてみる。「夢中で生きているか?」と自分に問いかけてみる。これくらいシンプルがいい。

では☆

新しい書き方

 ちょっと新しい書き方をはじめてみたい。その書き方は「具体的に書く」ということである。具体的に書くことは自分にとってはむずかしい。でも、それはとても魅力的なものだと思っている。

この日記はベッドに寝そべりながら書いている。ベランダのすぐ近くであるが、網戸にしていて、ちょうど涼しい空気が入ってくる。最近は相変わらず虫の声が響いている。「ぎ―」とか「しゅしゅしゅしゅ」とか聞こえてくるが、どんな虫かは想像がつかない。

「かなかなかなかな」…ヒグラシの声が聞こえている。この鳴き声はわかりやすい。ヒグラシの声を聴くと、せつなくなる。何かが終わってしまうような、そんな気持ちになる。おんなじことを思う人は少なくないはずだ。

明日からいろいろ書いていきたい。

では☆