色々あった(語彙力)

今日も色々あった。疲れてると、「色々」という言葉で済ませたくなる。それに対しては、それでいいのだと思う自分もいれば、そうでない自分もいる。とはいえ、ひとつ言えることは、言葉にするメリットは非常に大きいということだ。

言葉にして初めて気づくことがある。見通しなく打ち込んだ言葉から生まれる思考がある。数文字先、数行先は必然であることもあるけど、多くの場合、偶然みたいなものだ。その偶然に、ハッとする。

ほとんどは取るに足らない、小さな気づきだと思う。でも、その小さな気づきをコツコツ重ねれば、前よりは色んなことに気づけるだろうと思う。そしてそれは、脳にとってプラスな刺激だと思う。僕にとっての日記は脳トレでもある。

さて、明日研究室に行くまでに進めておきたいことがある。それは、指導員の人から出されている課題のひとつ。少し具体的に言うと、とある先生から言われている僕の特性について、その特性に対する自己認識を整理することだ。

……なんか自分でも、伝わりづらいこと書いてるなと思う。真面目に読んでくれる人に対しては申し訳ないけど、たぶん僕の日記は、これからもっともっとゴチャゴチャしそうな気がする。もちろん、そこを目指してはいない。ただ、本音とリアルと書くにあたって、文章力の限界が見えてくる。

まあ、話は戻るけど、これから少し頑張りたい。やっぱり、1日1日重たいけど、なんとか明日も乗り切るというか、明日をいい日にしたい。

では☆