友達

友達以上のプライベートな関係において、僕は僕のほぼ全てを曝け出しているのだろうか……。というのも、僕と親しい人を5人くらい集めれば、僕のパーソナリティーに関するほぼ全ての情報が集まる気がしたからである。それに、最近であるが、友達から「○○って、思ったことを何でも言えるよね」と言われた。

僕は自分がそこまで強い人間ではないと思っており、それ故に自分のことを皆に知ってもらうことが大事だと思っている。そうすればそれだけで精神的に軽くなるし、問題解決のためのヒントや協力を得ることもできる。これは大人になるまでできなかったことであるが、今では僕の大事な考え方の一つである。

また、単純に面白いというのもある。人には映し鏡みたいなところがあって、相手が自己開示しないと、自分も自己開示しにくい。逆にいうと、相手を知りたければ、自分を知ってもらうことが大事なのではないか……。もし相手をより深く理解することができれば、それは自分の世界が広がることに繋がる。面白い。

と、いうことを書こうと思ったきっかけは忘れたが、今夜は筆が乗ったように思う。新しいことというよりも、普段からなんとなく思っていたことを言語化したからかもしれない。よし、これからどんどん言語化言語化だ。最近の日記は物足りなさを感じているので、ここらで少しグレードアップできれば……。